美肌づくりレシピ【春ゴボウ】

2014.04.14

スーパーでは一年中目にするごぼうですが、実は春に旬を迎える「春ごぼう」という種類が存在するのをご存知でしたか? 春ごぼうはおいしいだけでなく、健康と美容に良い成分がたっぷり含まれた理想的な食材です。

ごぼうには食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維といえば、便秘を解消してくれる心強い成分。便秘になると肌荒れや肥満などのトラブルも発生するので、いつもキレイに健康的でいるために、ごぼうをたくさん食べて便秘をすっきり解消しましょう。

食物繊維が含まれている食材は他にも色々とありますが、ごぼうには「水溶性食物繊維」と「不溶性植物繊維」の2種類の食物繊維がたっぷり含まれているのが大きな魅力です。

「水溶性食物繊維」と「不溶性植物繊維」の違いは?

水溶性食物繊維は粘着性があるので、胃腸内をゆっくりと時間をかけて移動します。そのため、空腹感をセーブして食べすぎてしまうのを抑えてくれるのです。また、糖質の吸収をゆるやかにする働きもあるので、水溶性食物繊維は便秘の改善だけではなくダイエットにも適した成分なのです。

不溶性植物繊維は胃や腸の中で水分を吸収して大きくふくらみ、たまった便を外に押し出してくれます。腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして便通を促進する働きもあり、便秘改善には非常に心強い成分です。

アンチエイジングをサポートするポリフェノールもたっぷり

ごぼうには抗酸化作用のある「ポリフェノールが」も豊富に含まれています。ごぼうは調理前に“アク”抜きをすることがありますが、実は、このアクの正体がポリフェノールなのです。ポリフェノールには血流を良くして代謝を活発にしたり、脂肪燃焼効率をアップさせたりするなどの働きがあります。

代謝がアップすれば肌の生まれ変わりも活発になり、いつまでも若々しい美肌を維持することができます。また、加齢に伴う代謝低下による肥満も防ぐことができるので、ポリフェノールは理想的なアンチエイジング成分なのです。

おすすめのごぼうレシピ

より美容と健康効果の高いごぼう料理を作りたいならば、皮をむいたりアク抜きをしたりしないごぼうサラダはいかがでしょうか? 作り方は簡単で、ごぼうを流水でスポンジを使って洗い流し、5センチくらいの千切りにしたらフライパンに油をひいて炒めます。冷ましたらマヨネーズやお好みのドレッシングであえれば完成! 皮やアクまで一緒に食べることで、ごぼうに含まれる栄養を余すことなく摂取することができますよ。

 
 


大人肌の願いを叶えるトピックス

  • 2014.08.18
    topics_20140818_1
    30代の肌が欲しがる美容成分ランキング
  • 2014.07.16
    YMD93_mugiwaraboutoumi500-thumb-750x500-3781
    恐るべし、紫外線…今年の夏こそはシミを増やさない!!
  • 2014.07.01
    topics_20140701_1
    30代からすべきスキンケア方法はコレ!
  • 2014.06.09
    topics_20140609_1
    いま話題の「レスベラトロール」にはボトックス注射のような働きがある!?
  • 2014.06.04
    20140604_12
    肌タイプごとに使い分け!ブースター導入液の使い方

トピックス一覧へ

  • ハイアクアブースタージェル
  • コンセプト
  • 商品特長
  • 基本ステップ
  • お客様の声
  • 商品詳細
  • ご注文
  • バナー
  • ブースター美容液・肌タイプ別の使い方と順番はこちら
  • 美容ライターボト子の美肌通信
  • ボトコラックスの美容成分一覧
  • メディア掲載情報 | BOTOCOLLAX ボトコラックス

TVで紹介されました!

ページTOPへ戻る